上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近食べた物UPしまーす。

【SHUTTERS自由が丘店】

某スポーツ競技の全国大会に県代表で参戦上京しにいらした母と一緒に
自由が丘で有名なオサレ店でランチしましたさ。
評判通りのお味で大変美味しゅうございましたが店内を埋め尽くすおば様方の
話し声は騒音レベルですのでゆっくり雰囲気を楽しむ事は出来ません。
お勧めはしないw

スペアリブ醤油味(こちらの画像はランチコース3人前の量です)

image01.jpg

*デザート*
あつあつサクサクのデニッシュに冷たいアイスクリームをトッピング。

02.jpg


【自由が丘スイーツフォレスト】

アンジェリカ…だっけ?
見た目で購入しちゃった天使なスイーツ。

03.jpg

夏のスイーツ
もちチョコと何だっけ?

07.jpg



【利久】

こちらは実家に戻っていた時に食べた牛タン定食。
相変わらずの美味しさです。

04.jpg
05.jpg

お土産もやっぱり利久の牛タン。
お家で牛タン焼くのは難しいのだけどこちらのお土産は家で焼いても
お店と変わらない歯ごたえを表現してくれる優れた一品。

06.jpg



【鳥良】

クランの宴での一品、湯葉せんべい。
色々食べたのにこれしか撮ってなかった(笑)
そしてさしいれに頂いた葡萄も撮る前に平らげてしまった(笑)

08.jpg


【東京トンテキ】

先週映画見に行った時に食したトンテキ定食。
コテコテボリューミーの醍醐味だと思います。
最後の一切れでリバースしそうになったほどボリュームあります!
食の細い方や女性の方はあらかじめご飯の量を少なめにして貰うとよさげです。
今度食べに行く時はご飯を半分、キャベツ2倍にして貰いたいかも。
苦しい思いをしても、もう一度食べに行きたい美味しさと満足さv

09.jpg
10.jpg



明日のシルシルミシルは牛タン特集だー!
堀くんが仙台来るー!!

いつの間にやら我が家のアイドルになってしまった堀くん(笑)

堀くん来仙に合わせてまんてんぶろぐもグルメ特集してみました。
しかし、肉食だよねー。
天高く馬肥ゆる秋。


食べすぎにはくれぐれもご注意を!



笑。




スポンサーサイト
2009.09.08 / Top↑
首位って素敵!

090906_2006~01
2009.09.07 / Top↑
7月末に実家に帰った時のわんこ。



ほっかむりされていやいやするかと思いきや

090721_1849~01

特に気にしていないご様子。

090721_1849~02


実家の近所にドッグランが出来たよ。

090727_1047~03

挨拶代わりにお互いのおしりのにおいを嗅ぎっこ

090727_1047~02

皆仲良く遊んでました。



イタズラも絶好調で

090725_1901~02

父がソフトボールをプレイする時に愛用してるグローブとリストバンドを
盗みテーブルの下に隠そうとしています。

090725_1901~01

ミッション成功にご満悦のご様子。


今月末には新居にお引越し予定の我が愛犬です。
この子が暮らしやすい様にあれこれ設計してましたうちの親。
私にわんこ返す気ないっぽいうちの親(笑)






2009.09.06 / Top↑
もう9月だわぁ。


夏の大漫画祭り以降はそこそこ
出不精の私には珍しく遊んで残暑を楽しんでました。

そんな日々をいちいちブログに書くのがものすごくめんどくさい牡牛座です。私…。
ブログ書く資格その内失効しそうですね。


サマーウォーズ観ました。

実はこの映画が公開されるのを私が最初に知ったのはTVCMでした(爆)
ネットも情報雑誌も全然見ないで生きていける人だから仕方ない。

前評判も情報も頭真っ白の状態で観たのである意味勝ち組みかも?

ですが、CMで初見しただけで細田監督作品だという事とは分かったし
タイトルから何かしら「ぼくらのウォーゲーム」との関連性はあるのかと
疑う感性は腐ってませんでした。


実際はそんな疑惑追求心も忘れてただただ楽しんで観てきましたよ。

先に見た友人の評価を聞いて少し不安ではありましたが
私は文句のつけようがない内容でした。




家に帰宅してからサマーウォーズの感想をネットでさらっと読んでみましたが
特別な人達に対する劣等感とかオタク目線で語ってる感想とか目にすると…
ごめんなさい、マジできもい…。
主人公をシンジくんとか呼ぶのやめてきもちわるい;;;;
全然似てないし;;;;;
カズマくん萌えとかきもすぎ;;;;;

自分もオタクだけど自分以外のオタクってなんか許せない所ある。

そもそも萌えを求めて映画観にいく自体理解し難いです…。

そんな私はおばあちゃんと師匠が一番好きでした(笑)
多分他の人とどっか脳の回路が違って出来ているんだとおも。


厳しく優しく品のあるおばあちゃん素敵でした!
本物のカリスマって言うのはきっとあの方の様な人を言うのではないかと。
金や権力を振るって人を集めるのではなく
財産はないけどおばあちゃんの人柄の良さで繋がりを切らない親族と国のお偉いさん達。
あの家族は財産目当てでなくともご先祖様を誇りにしお墓を大事に守って
行く事が出来る人たちなのでしょう。
そんな子孫を残し国すら動かすおばあちゃんカッコよすぎですから!

師匠は平成の時代に生きる武将って感じ?w
何かと言えばご先祖様ご先祖様って言うのが可愛かったわ~。
そんな大人になりきってない(多分この先成長もしない)じいさんを
慕う大家族の輪に入れないカズマとの関係もぐっとくる所でした。
声優さんが大ベテランだったのも印象に残った要因かもしれない。
だからと言って素人声優は反対ではありませんよ?
素人声優叩いてる方はまだ耳が肥えてないお子様なんだと上から目線。


友人から突っ込みどころが多いがわざとそう作ってあると
観る前に忠告されていたんですがもしかして
サマーウォーズがウォーゲームの再構築映画だって事がかな?

大丈夫、予感はしていた(笑)

9年前、ワンピの映画を楽しみに東映に行ったのに帰りには
デジモンの事で頭がいっぱいだった若き日を思い出だしたよw

同じ表現方、類似点の多いシナリオで叩いている人もチラッと見かけましたが
注目すべき点はサマーウォーズと同じ衝撃力のある映画が
既に9年前に、しかも子供向けの映画、ワンピの前座として
公開されていた事でしょーが。
キングカズマのゴーグルと金髪は監督の遊び心だよね~。

9年前に観た事ある映画だと覚悟してみてもサマーウォーズ満足してます。
批判されるのが何故なのか分からん。


張り巡らされ忘れてさえいた伏線が次々と収集されて行く様、
中盤でもやっとした出来事が終盤で豪快にぶっとばしてくれる爽快感。

上映開始時間から終了まで本気で時間を忘れてしまうほど楽しかった。
こんな素敵な時間を与えてくださりとても感謝しています。
帰り道に後悔が残らない映画って実は少ないよね。


思ったより長く語ってしかも言いたい事まとまってないけど最後に
サマーウォーズは昔からある大事な事とこれからの未来に予想される危機に
気づかせてくれるとてもいい映画でした。

今ならまだ間に合う、映画館へ行こう~!



2009.09.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。